エンドロール

初代当主の北斗様 お輪さんと源太パパの息子
彼は素質にこそ恵まれなかったもののすごく厳格な当主様で、多分一族のルールとか基盤を定めたのも彼だったと思うし、巻物とか武器とかも彼がたくさん入手してくれました

多分北斗様は最終当主である暁様の振る舞い見て天国で卒倒してるだろうな…とプレイ中何度も思ってました…笑

北斗様と飛天ノ舞子様の娘
みそらはそんな北斗様を支えるよき娘というか妹分
みそら自身逞しかったのもあってあまり気にしてなかったんですが
遺言を見る限り、むしろみそらは逞しかったのではなくて、前を向く選択しかなかったのかな…とちょっとセンチになったのもいい思い出

北斗様と松葉ノお甲様の娘である双子のひのでとひぐれ
まさにこの二人は子孫の活躍も含めて対照的だった
当主を経験したり、前線に立って活躍したりと太陽のようなひので家と
ついに当主を経験することなくずっと一族の参謀役として支え続けていた月のようなひぐれ家

ひのでとひぐれ自身も結構そういうとこあって
特にひぐれなんか、当時仙酔酒が使えたただ一人の一族だったこともあって
テントくん時代の初めてのお紺戦の時とか、すごくサポートしてもらったのが記憶に新しいですね

みそらと愛染院明丸様の息子 2代目当主のテントくん
笹の葉丸で猛威を振るった最強の槍使いというイメージです
当然後には翼とか爆戦も続くんですけど やっぱ槍使いといったらこの人かな、みたいな印象があります
本人も元気で明るくてまさにニチアサヒーローみたいな人だったので笑、もしテントくんが鬼朱点に挑戦できていたら、もう少し一族は立ち直るのが早かったのかなあ…と思わずにはいられない

そんな彼の右腕役だった三連くん ひのでと八坂牛頭丸様の息子
三連くんはね~…遺言がイメージと全く違ったので正直あの時慌てたなっていう…笑
鬼朱点を倒して終わらなかった悔しさってのもあるんだろうけど、今終わってみて考えると、三連くんはけっこう、テントくんがいなくなってしまって抜け殻のようにというか、自棄になってたとこあったのかなあ…
二人はめっちゃ仲良かったので…
テントくんの代わりに夕立達を見守るって決めたのに…っていう苦しみもあったんだろうな~ 今にして思うと…

あと全然牛頭丸様の息子って感じしなかったね。笑

3代目当主 夕立の兄貴分である餅食と翼ですね
いや~まあこのトリオ…好きなんですよね……
餅食はひぐれと大隅爆円様の息子だね
正直そこまで強くはなかったんだけど、当時の一族の精神的支柱だったっていうか 何をすべきか本能でわかってるタイプだったので
なまじ頭がいいだけにいろいろ考えて悩んじゃう翼や夕立を補ってくれる存在だったなあって思います

んで翼 テントくんと八葉院蓮美様の息子
鬼神のように強かったし、もし、テントくんではなく、初代北斗様が指輪を渡すならこの子だったろうな~と思います
まさに男気貫徹槍を振るう為に生まれてきたような素質もお気に入りだったな
遺言が「あ、フキノトウ食いてえ…」だったんですけども、ほんとにこの遺言は翼で引いてよかったよね笑
衛とかで引いてたら は!??!ってなってたと思うから…翼が言うから泣けるんだよねあの遺言

3代目にして唯一の女当主の夕立 三連くんと春野鈴女さんの娘ですね
ファザコンで甘えん坊な妹キャラで、すぐ下の妹であるくもりもバリバリの姉御肌タイプだったんで、ホントにそれが際立ってたと思うんだけど
存命中はまったくそれを感じさせない立ち振る舞いで気丈に頑張ってくれていました
あんまり強くはなかったんだけどね笑
あと多分任期も今までの当主の中で1番長いのかな 一族最長寿ですしね 夕立世代の子が1番多いんだよね
本当に夕立・翼・餅食の3人が長寿連発したのは彼らの意地を感じたなあ

くもり 餅食と愛宕屋モミジ様の娘
翼に勝るとも劣らない強さだったんで、もうちょっと武勲をあげられたらな…と一番思っているのはこの子かもしれないな
本人もプライド結構高いと思うので その才能を生かしきれなかった…っていう無念を胸に死んでいったところあったと思うし
あと何よりね 羨ましかったと思うんですよね~夕立達上の3人のことが
ほんとはくもり~ハルでももっといろんなとこに行きたかったんですけど…

衛 翼と鳴門屋渦女様の疑惑の息子
くもりたちでいろんなとこにいけなかった要因のひとつに衛が比較的短命だったってのもありますね~…
衛といえばやっぱりハルが戦死したお紺戦で、隼もソラも瀕死状態になってて、衛だけが戦場にちゃんと立ってるっていうあの図が一番印象的なんですけど
あの時本当にプレイヤーも悩んだし衛も悩んだと思うんだよね
あの時の衛の選択が結果的に一族を救ったと思うんですが、衛はそうは思ってないんだろうな 守り神ですね 天ノ川家の

ハル 夕立と鎮守ノ福郎太様の娘
ハルはね~~~~~~~~~~~~~~~~……偉大ですよね……
戦死したので1歳3か月しか生きてないんですが、天ノ川家って鬼朱点以前、鬼朱点以後というよりは、ハル以前、ハル以後という歴史で区分される気がする…というくらいハルの存在はでかいですね…
最後まで強気で死んでったのもそうだし、最初の継承刀の持ち主がハルであるというのも、氏神になったというのも何もかも大きいですよね
あと猛威を振るった夏彦や、暁・望の体風は全部ハル譲りの足の速さなんですよね~…偉大なお方です…

もはや説明不要なのではないかというソラ世代ですね

隼はくもりと石猿田衛門様の息子
今思うとすごいくもりと田衛門様の息子!!!って感じするなあ笑
隼も本当に偉大な男でね 活躍を見れば別にそこまで華々しくなかったと思うし神様にもなってないんですけど 隼がいなかったらハル以後の一族の歴史もうちょっと違ってたと思うので…
生まれてきてくれてありがとう…そんな気持ちですね…

ソラ 4代目当主で、衛と天空のハルカ様の息子
まあもうソラに関しては喋り尽くしたかなって感じなんですけど…笑
そうだな…強いて言えば ソラってハルカ様の火素質がまったく表出しなかったんですが…なんかそれも今思うとよかったなあって思いますね
もしソラがもっとメラメラ燃えてるタイプの子だったらまた違う世代になってたと思うし
天ノ川家の5人の当主様の中で1番(性格的に)当主に向いていなく、そして優しくて責任感がある当主だったなあ ソラ世代サイコ~ですね

ソラ世代の双子
ハルと天道葵様の子である夏彦と織女

二人ともベクトルは全然違うんですがちょーーーー強くてですね…
織女は単純に超火力で髪バスターでしたし(織女は5回髪切りに参加しています、一族最多です)
夏彦はハル譲りの俊敏さと踊り屋特有の回避率でとにかく倒れない!バフが速い!といまだに最強のサポーターだったなあって感覚ですね
隼とソラもめちゃめちゃ強かったんだけど、ハルの置き土産である双子がいなかったらソラ世代で髪切りははじめられなかっただろうなということを思うと、この二人が双子として生まれてきてくれてほんとよかったし、
あとハルが双子生んでくれてほんとよかったですね…。
暁様とかもハルの孫ですからね…。

隼と琴ノ宮織姫様の息子 爆戦と
ソラと百合唐蝶子様の息子 白羊

この子たちはほんとに対照的で お前ら名前交換しろよって感じのキャラだったな…笑
片や爆戦って名前なのに全然火力無くて、硬くて優しいパパ
片や白羊って名前なのに奥義ばっか進言してくる脳筋
面白かったな…
ハルが戦死して思いっきりズンドコまで落ち込んだソラ世代ですが、爆戦が生まれたあたりから徐々に持ち直してきたのもあって印象が深いですね

暁様のお師匠様でもある爆戦と、お紺さんとの因縁を解いた白羊
二人が暁様の前にいてくれたのは幸福だなあと思います

こっから生き残りメンバーですね

夏彦と鏡国天有寿様の息子の望
今思うとよくあの変人二人からこんな常識人ツッコミ枠生まれたなって思いますね笑
望は生誕時から今まで表出素質第一位だったんですけど、クリア後にためしに氏神として天にあげてみたら、裏の素質めっちゃ悪かったんですよね
奇跡の引きだったんだなあと思います
最後の阿朱羅戦での全弾燕返しといい、俺がいっちばんつえーからなー!とかめっちゃ言うけど実際望は天才だよ…って頷きたくなる働きを見せてくれました
あとプロフィールとか元服時の希望神様のタイミングとか来訪コメントとか見た目とか全体的にネタが密集してて面白かった

暁様 5代当主で、織女と梵ピン将軍様の息子
暁様も結構表出運が良かった方だったんですよね ライカちゃんとか樋ちゃんのほうが裏含めた総合素質ずっっっとよかったので
思えば梵ピン将軍の奉納点は2万点で、朱点に挑戦するにしては結構安い神様だったと思うんですが、そんなことまったく感じさせない能力を発揮してくれた…というよりも値だけ見るとマジで最強だったので…
なんだろう、ああ見えて実は案外努力家なのかもしれませんね
話聞かないし蛮勇だし頭が悪い上に不良とあんまいいとこないけど(笑)、それを補って余りあるカリスマ性を発揮してくれたのも彼だったなあ
暁様でなかったら朱点まで行けなかったと思います ありがとう…

ライカちゃん 爆戦と常夜見お風様の娘
最初こそぶりっこかな?と思ったけど、ただのきゃぴきゃぴした女の子というよりは、ラスボス直前で奥義を創作したりするあたり根性と気合の女だったのかなって思います
…こう書くと暁様世代を象徴するようなキャラだな笑

そうそう 余談なんですが、実は暁様で朱点に行けなかったら、ライカちゃんを6代目当主にしようと思っていました
もうすぐ朱点攻略できそうだなというのもあったし、暁様はライカちゃんのことああ見えてめっちゃ可愛がっているので、その指輪たった数か月で外すハメになったら許さねーぞ、とか言って指輪渡すんじゃないかな…って
そんで、ライカちゃん当主で樋ちゃん~コスモで攻略しようかなあと
結果的にはそうしなくてすんだけどね

樋ちゃん 白羊と九尾吊りお紺様の息子
樋ちゃんて叢雲やコスモよりガキンチョなイメージなんですが笑、多分お紺さんが母親だからなんだろうなあ あの人めっちゃ親バカそうだもんね
実はラスボスメンバーの4人を氏神昇天させてみたところ総合的には樋ちゃんが最強でした 奉納点2万9千ぐらいだったかな?
お紺さんは白羊との約束通り責任とって強い子を授けてくれたんだなあ
実際火焔舌とかめちゃめちゃ強かったですしね ちょっと不憫だったけど…

望とおぼろ夢子様の娘・叢雲と、暁様と桃果仙様の息子・コスモ

暁様で朱点行こう!って決めた理由は望の健康度が1歳7か月時点で100だったからっていうのは書いたんですが
もう一つの理由に、叢雲もコスモも樋ちゃんも当主に向いてなさそうだな…って思ったからってのがあって
ライカちゃんを6代目当主にするつもりだったとは書いたんですが、ライカちゃんでもダメだった場合この3人、もしくはライカちゃんの子供に指輪を託さないといけなかったんですよね

あんまりリーダー向きの子がいなくて不安だったってのも理由の一つです
樋ちゃんは舎弟してた方が輝くし笑、
叢雲は真面目過ぎて若干猪突猛進なので、一般兵向きかなと思うし
コスモもなんか…むしろコスモがたぶん一族で一番戦いに向いてない気がしたので…笑

結果的には殆ど(コスモは1度も)戦場を経験せずに終わりました
これ、なんか染井家を思い出すな
染井家の最終当主の子供も戦場に出ずに終わったんですよね

以上 天ノ川一族24名の歴史でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です