どうか傷ついて

プレイヤー的には今までずーっと「男女ペア一族」というコンセプトでプレイしていたけれど そこに明確な理由と意味が生まれるのはきっとここからなんだろうなーと思ったりして

自分たちは一人だとあまりにも弱いし、普通の人間のように生きることも出来ないけど、二人ならそれが出来る
同じように傷を作って、悲しみを共有しあえる相手がいれば、痛みもあるいは愛おしく思えるから、
だから二人で歩いていきなさい、ていう

仲一族の男女ペア一族ていうコンセプトに意味を持たせるのは多分真昼様(と夜半)なんだろうな…と…昇さん、沈ちゃん、月、太陽、未明、火点、この一連の流れを見て思いました

私は沈ちゃんの没時に「ここからが本編開始なんだろうなぁ」と書いた気がしますが 多分「一族視点でも二人で歩く意味が生まれた」という意味では、ここからなんだろーな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です